長門有希ビジュアルノベル『有希の詩』ダウンロード開始

有希の詩 ANGRASENで公開された『涼宮ハルヒ』シリーズの二次創作で、ほとんど長門有希しか出てこない18禁ゲーム。主人公キョン視点。20分程度の短編ということで、軽く触ってみたが、朝比奈みくるは、ゲーム開始時から消えてる(笑

 その後、長門有希を刺してバッドエンドへ行ってしまった為、18禁シーンには遭遇しなかった。


長門有希ビジュアルノベル『有希の詩』

 で、私的なことを言わせてもらえば、このTVアニメ『涼宮ハルヒ』が放送中にタイムリーにゲームを投入してきたことは賞賛というか素直に凄いの一言。

ただ、サウンドノベルの文章に間隔が無く、非常に圧迫感がある。
適度な場所でメッセージを切り替えて欲しかった。
他にはもうちょっと、キョンをキョンっぽく、心理描写のくどい感じが欲しかった……

 あと気づいた点としては、1,000円札が夏目漱石だったなと。今、野口英世だから、以前に書いたSSをゲーム化したのかと思った。……ハルヒ世界の1,000円札って漱石固定だったら間違ってないけど。ちょっとした違和感を覚えたので。

 ストーリーは短編だし、無難なところ。涼宮ハルヒの世界観的には妥当。

 制作ツールはLiveMaker。自分は触ったことはないが、初心者向けの分かりやすいツールだと、聞いている。SS屋とイラスト屋のタッグでゲーム化するなら、ちょうど良いんじゃないかな。吉里吉里使いとしては、自分も混ぜてくれと言いたいが(笑

 シナリオは淡雪の図書館の淡雪奈雲さん。イラストはANGRASENの七緒さん。ダウンロードはミラーリングされている淡雪の図書館からどうぞ。ホームページ→しごと→有希の詩。

 関係ないけど、九嶋秀二郎が参加というか、リーダーというか、微妙な立場で創設した『TONPY-MOON』のオリジナルゲーム第1作を今週26日に公開予定。シナリオもイラストも自分は携わって無いので、私的に寂しい作品。

 一応、PS2で涼宮ハルヒの憂鬱『涼宮ハルヒの冒険』が8月24日に発売されるという噂はある。まだ、確定情報は目にしていない。